before 031_B

検収照合業務では、紙ベース、人為的作業で行っているため、取引件数が多いほど、ミスが発生しやすくなってしまいます。
例えば、人為的ミスによる、精度の低い照合になってしまい、また照合に時間がかかり、支払や決算に間に合わないといったトラブルも副次的に発生しやすくなります。また決算期になると担当者の負担がさらに大きくなり、残業が発生してしまいます。

go

after

031_A

販売管理システム化で自動化することで事務工数を削減することが可能です。
売上・仕入と検収・請求をシステムで照合する仕組みをシステム上で実行することで、事務工数を削減すると共に、正確な納品数、入金・支払予定を掴むことができます。

検収作業等において、紙ベースでの管理や照合作業を行っている場合、人的要素によるミスが発生しやすく、また事務工数も多大なものに上ってしまいます。このような場合は販売管理システムを活用することで、売上仕入情報と検収・請求を自動で照合することができ、工数の削減と作業品質の向上を図ることができます。