before 022_B

短納期製品の受注が入った時には、生産計画自体を見直す必要がありますが、どの受注の製造を優先したらよいかの判断をするための時間が掛かってしまいます。
担当者がすべての受注の見直しと納期調整を行い 生産スケジュールの作り直しを行うため、生産に移るまでムダな時間がかかってしまいます。

go

after

022_A

上記のような状況に対しては生産スケジューラーの導入が有効です。生産スケジュールを作成して納期調整が必要な受注の明確化を行っておくことで、予定の割り込みを行った際にも、生産システム側で自動的に予定の振り直しを行い、どの受注分が納期遅れになるかをシステムが自動的に算出することができます。
納期遅延の削減、作業の振り直しのための時間の削減を行うことができ、短納期製品の生産を効率的に行うことができます。

短納期品が突然入ってきた場合は、現在生産中の案件の見直しと、納期確認、割り込みの計算と生産計画の建て直しが必要となり、多大な工数が掛かります。このような生産現場では、生産スケジューラーを導入して、システム上で各案件の納期・工数等の管理を自動的に計算、スケジュールを修正することで、短納期品に対しても少ない計画変更の工数で、生産を行うことが可能になります。