before 032_B 仕入れ金額を集計する際に紙ベースで行っている場合、単価のチェック作業に時間がかかることに加え、1か月分まとめてチェックするといった際に、時間が多大に掛かり、またミスが発生しやすくなってしまいます。

go

after

032_A

システムに入力して検収データを都度チェックする仕組みを作ることで対応が可能です。
システムに入荷データを入力してどこまでチェックしたかをわかるようにしておき、集計を行う月末は、合計金額をチェックするだけの状態としておくことで、チェック作業の時間を短縮することが可能となります。
チェック作業の削減を実現できると共に、システム上でだれでもチェックできる仕組みが実現できます。

仕入れ金額のチェックと集計を紙ベースで行っている場合、月末等にまとめて売上データ等と共に集計を行う際に多大な事務工数が発生、またミスも誘発しやすくなってしまいます。このような場合はシステム上に入力を行い、集計を自動化、チェック作業の短縮と高精度化を実現することができます。