before 030_B

電子データを入手してもシステムに取込む機能が無いような場合は、一般的に紙に印刷して手入力を行うケースが多くあります。
またデータのフォーマットを変更できないため、プリントして、Excelへ入力する等の二次加工して取り込んでいるといったケースも見られます。
処理作業を追加業務でカバー(人件費が掛かっている)することになるための余計なコストが発生してしまいます。

go

after

030_A

異なる受注データフォーマットの取込を可能にするようにシステムを変更します。
システムへEDI機能を導入することで、受注データのプリント・やExcelへの2次加工が不要になるため、得意先の受注・発注のやりとりを迅速になり事務処理負担が大きく軽減することが可能となります。

製造現場において、客先からのデータがEDIにより送付される場合、受注管理等手管理を行っているケースがよく見られます。この場合、手作業による多大な事務作業時間が必要となるため、生産管理システムへのEDIデータ登録の仕組みを作ることで、事務工数削減とコストダウンを同時に実現することができます。