before 029_B

事務所と現場のコミニュケーションがうまくとれていない場合、現場では製造品を出荷納品したものの、事務所までその事実が伝わっておらず、毎月請求漏れが発生する、といった事態が発生します。

go

after

029_A

納品・出荷処理をシステム化することで、上記のような問題を防止することができます。
納品入力を行って、納品指示書を発行し現場へ渡し、その納品指示書を元に生産現場が出荷を行うことで漏れがなく請求まで連動できます。

生産現場と事務所の連携にタイムラグがあったり、また事務所とうまく連携が取れていない場合、製品を出荷納品したものの事務所側に情報が伝わっておらず、請求書が発行されない等の問題が起こりえます。このような問題に対しては、納品出荷処理をシステム上で紐付けることで、情報伝達のラグやミスを防ぐことが可能となります。