before 027_B

多量の製品検査を行っている中では、検査担当者が誤って、必要な検査項目をスルーしてしまうという事態も起こり得ます。
検査項目を完璧に用意していても担当者がスルーしてしまう危険性がある限り、不良品がそのまま出荷されてしまう可能性があります。

go

after

027_A

工程管理上、システムでチェックしないと出荷できない仕組みづくりを行うことが重要です。例えば、タブレットに検査項目を表示しないと出荷できないようにシステムで防ぐような仕組みを作ることができます。このような場合、不良品を出荷することを未然に防ぐことができるということと、だれが検査しても一定の品質を保つことができるというメリットがあります。

検査工程において、完璧な検査項目を策定したとしても、担当者が多量の検査品を検査している中で、誤って必要な検査項目を検査せずにスルーしてしまう危険性があります。このような場合、システムを用いてチェックを行わないと出荷できない、チェックの仕組みを作ることで、ヒューマンエラーが発生した際でも、不良品の流出を防ぐことが可能となります。