before 025_B 現場によく似た材料や部品があると、作業者が間違って持ち出ししてしまう場合があります。
納品後に間違いが発覚して得意先からクレームが入ると、製造した製品とそれを製造した時間が無駄になってしまいます。

go

after

025_A

製造する製品に対して、使用する材料や部品が本当に正しいかをチェックすることが必要です。
材料または部品にバーコードの付いた現品票を貼り付けして、作業指示書のバーコードと現品票のバーコードをそれぞれ読み込み、間違っていればエラーが表示されるシステムを使用することで、材料(部品)の取り違えは無くなります。

製造現場において、類似した部品等が並んでいるピッキングの際に誤って加工、出荷等を行ってしまうことがあります。このような場合、生産管理システムのピッキング機能を活用し、ピッキング品をバーコードで管理することで部品の取り違え等を防止し、ミスの少ない生産現場を実現することができます。