before 021_B

客先よりEDIで電子データをもらう場合、手入力(エクセル等への転記)で管理を行っていると、抜けや漏れ、間違いが発生しやすくなってしまいます。
1日100件のデータをもらい受注残が増えていくような状況下にあれば、どれが納品済なのか、分納なのかがわからなくなってしまい、また、手でシステムに入力していたため、多大な時間が掛かってしまいます。

go

after

021_A

EDIの電子データを生産管理システムに登録する仕組みを作ることで、ミスを防止し、事務工数を大幅に削減することができます。
生産管理システムにEDIの電子データを登録することで、納品済・分納や納期の変更に対応できるようになり、システム化(EDI取り込み)を行うことで、事務作業時間を大幅に改善することが可能になります。

製造現場において、客先からのデータがEDIにより送付される場合、手管理を行っているケースもよく見られます。この場合、手作業による工程でミスが発生しやすくなることに加え、多大な事務作業時間が必要となるため、生産管理システムへのEDIデータ登録の仕組みを作ることで、ミスの防止と工数削減を同時に実現することができます。