before 020_B

短納期に対応するために在庫をもっているケースがありますが、受注に対して正確な引当ができず管理に時間がかかるケースがあります。
実は仕掛在庫があり、すぐに生産して出荷できるのに情報が共有されておらず出荷できない。受注に引当ができず無駄なものをたくさん作ってしまうといった問題が発生しやすくなります。

go

after

020_A

製品の完成時にシステムに登録することで、在庫として認識し受注データに自動的に引当することができます。
仕掛在庫があればシステムが自動的に受注データに引当を行い、生産、出荷まで連動できます。また、引当を行うことで無駄な生産を行う必要がありません。

短納期対応が多い会社の場合、短納期を実現するために仕掛在庫を持っているケースがあります。この場合受注に対して引き当てができないケースがあり、このような場合仕掛在庫の活用ができず、いちから生産を行ってしまうことがあります。この場合在庫管理ステムを用いることで、適正な仕掛在庫の確認を行うことができ、効率的な生産体制を行うことが可能となります。