before 016_B

工具等の管理を仕組みを用いずに、属人的に行っている場合、現場から、依頼があった材料や工具を在庫のチェックもせず事務担当者がその都度購入している、という状況が起こります。
現場判断で、材料を購入するため材料単価が安いときに購入する戦略など全く無視した購入となることと、現場担当者が隠し在庫(工具)を持ってしまい 過剰在庫(現場判断での勝手な発注)が発生、無駄な仕入れ金額が発生してしまいます。

go

after

016_A

管理室側で在庫ショートのタイミングをきっちり把握して管理室側が在庫数のコントロール(発注権の移譲)をすることで必要最低限の在庫のみを購入する仕組みを作ることが重要になります。
また工具については、在庫管理システムを導入することで明確に在庫数を把握して担当者の隠し在庫を無くすことが有効となります。
仕入れ金額の削減(安い時期にまとめて購入する)、在庫金額の削減を行うことができ、低コストの生産体制を実現することができます。

製造現場において、工具等の消耗品等の管理が属人的に行われている場合は、担当者の隠し在庫や過剰在庫等の状況が発生しやすくなります。在庫管理システムを用いることで、在庫状況のリアルタイム監視を行うことができるため、発注権限の統合等が容易になり、低コストの生産体制を実現することができます。