before 015_B 材料の在庫を定量的に正確に管理していない場合、材料適正在庫がわからず、いつも材料がなくなってからの発注となってしまうため、作業に遅れが生じます。
材料があれば生産できるにも関わらず、必要なときに材料がないため、生産機会のムダが発生します。

go

after

015_A

在庫管理システムに適正在庫・下限在庫を設定しておくことで、自動的に発注時期を設定、発注を行うことができます。適正在庫や下限在庫を下回った際に、システム側から自動でアラートを鳴らし、発注タイミングを告知、発注することができます。そのため、不慮の材料切れ等の事態を防ぐことができ、生産の高効率化を実現することができます。

材料の発注等を、属人的にその都度行っていると、過剰在庫や在庫切れが発生しやすくなります。特に在庫切れが発生してしまうと、本来設備等が稼動可能な状況にもかかわらず生産が行えないため、大きな機会損失となります。在庫管理システム上で、適正在庫を設定することで材料在庫切れを会社として防ぐことができ、生産トラブルの発生防止、高効率の生産体制を実現できます。