before 013_B

在庫管理が行われていない場合、帳簿上の在庫と実在庫の数が一致しないという状況が起こります。
例えば、材料10個から、製造ミスで8個の材料を追加で持ち出します。帳簿上は2個の材料が残っているはずが、棚には5個の材料が残っています。
前期の棚卸の在庫量が正しくなかったことで、余計に材料を発注し、材料費が増大していた、というような状況が発生します。

go

after

013_A

棚卸・入出庫時の数を携帯端末機を使い記録しパソコンで管理することで、正確な在庫管理を実現できます。
例えば、材料を持ち出す際に出庫指示数と持ち出す数を携帯端末機で照合できるようにします。
在庫数の精度が向上し、余計な発注がなくなりコストの削減になります。

生産現場において在庫管理が適切に行われていない場合、帳簿上の在庫と実在庫の間に乖離が発生し、余計な発注が必要となったり、生産リードタイムの増大等多くの弊害が発生してしまいます。在庫管理をデジタルデータで把握することで、在庫精度を向上させることができ、追加コストの発生防止、生産リードタイムの効率化を実現することができます。