before 012_B

原価管理を行っていない場合、実際どれだけの原価で製品が作られており、いくら儲かっているのかかが分かりません。どの得意先のどの製品がどれだけの利益なのか明確でなく、顧客の重要度の決定や、設備投資の方向性など、正確な経営判断をくだすことができません。

go

after

012_A

製品・得意先ごとの売価と、材料費、外注費など集計します。
製品ごとの売価とコストをグラフ化し、どの製品に力を入れるか、材料の材質を変えてコストを抑えるかなど対策がたてやすくなります。コントロールが比較的容易な材料費、外注費をまず把握することで、収益性向上のための判断の材料となります。

生産現場において、案件ごとの原価管理が行われていない場合、背品を作る際にどれだけのコストが掛かっているかが分からず、どの顧客や製品が得意なのか、儲かるのかといった判断を下すことができません。そのため、設備投資や営業戦略等の重要な決断を下す際に、効率的な判断を行うことが難しくなります。