before 010_B

一つの材料でも仕入先各社が違う単価で、発注の際に困ってしまいます。
基本単価が安いところに発注を行いますが、納期の兼ね合いなど単価が高いところにも発注しなければなりません。しかし、単価を把握しておらず都度見積依頼を行わければなりません。
また、仕入先により呼称がことなるため都度確認が必要です。

go

after

010_A

システムの商品マスタに、仕入先ごとの呼称や単価を設定しておくことでひとつの画面にて確認することができます。
発注入力でも仕入先での呼称や単価を表示することができ間違いを防止できます。

同一の材料や製品でも仕入先ごとに仕入れ価格や納期が異なる場合、納期等の調整で価格が高い会社に依頼しなければならなくなった場合、見積等の手間が発生します。このようなケースではシステムの商品マスタに仕入先ごとの呼称や単価をあらかじめ設定しておくことで、余計な工数を減らし生産効率化を実現することができます。