before 009_B

生産工程において製品の歩留まりが悪化するとコストが上昇してしまい、利益率が下がってしまいます。
また製造原価自体の上昇と共に、本来別の作業を行うはずだった時間に、手直し、廃棄などの作業や事務処理が発生してしまい、製品それ自体の利益の低下とは別に、余計な機会コストがかかってしまいます。
案件ごとに不良の状況等が管理されていない場合、不良発生の真因を突き止めることが難しく、際限なく不良が発生し続ける危険性があります。

go

after

009_A

製品・機械・作業者ごとの稼働状況を集計し、システムへと反映することでコストダウンを図ることができます。
製品別の標準原価を設定し、原価適正を維持するため価格・時間・数量・不良数をシステムでわかるようにし(グラフ化)、実績原価と比較し、標準を超えている内容を明確にし、対策を打っていきます。

製造工程において不良が発生すると、製造原価が上がり、利益額が下がります。不良発生の際に、不良発生の過去の数値や、頻度等が管理されていれば、製品別の標準原価を設定することができ、標準原価を元に生産現場の対策改善を行うことが可能となります。