before 008_B

製品の原価を抑えるためには、まずどの製品の原価が高いのかを把握する必要があります。
社内加工費、材料費、外注費がそれぞれいくら掛かっているか分からず、利益率の低い製品を時間を掛けて製造してしまっている場合があります。

go

after

008_A

売価と、原価(社内加工費、材料費、外注費など)を比較することで、原価の割合の高い製品をピックアップして対策を考えることが必要です。
方法として、製品ごとの売値に対する原価の割合(%)を、割合が高い順にリストアップして、優先的に対策をしていくことができます。

案件ごとの原価管理がされていない場合、案件ごとの利益がわからず、案件の重要性を無視した製造を行ってしまうことがあります。このような場合、案件ごとの売価と原価をシステム上で比較することで、利益額・率の違いから製造原価の削減等の対策を優先度をつけて行っていくことができます。