before 007_B

発注・外注手配の管理がされていない場合、材料の入荷日や外注に出している仕事がいつ自社に入るかわからないといったケースがあります。
次の仕事の準備をしようと思っても、いつ材料が入荷するか、いつ外注から戻ってくるかわからず製造の時間のロスになってしまいます。

go

after

007_A

材料・外注の発注入力や入荷予定をシステムに登録しておくことでだれでも確認することができます。
進捗画面でも材料の入荷予定日や外注に出していて、いつ戻ってくるかがわかるため、事前に生産現場で次の生産の準備を行うことが可能になります。

材料の発注管理や案件ごとの外注への手配管理がされていない場合、実際に製造に移ろうとしても、製造するものが届いていなかったりして生産の機会ロスが発生します。材料の入荷予定日は外注手配状況がシステム上で管理されていればこのような状況を防ぐことができ、高高率な生産体制が実現できます。