before 006_B

ST(作業標準時間)が担当者ごとにバラバラになっていると、生産現場の標準的な能力を把握することができません。STをとるために、個人ごとの実績時間を集計しSTを策定する必要があります。

go

after

006_A

実績時間を無線ハンディターミナルにて取得します。開始と終了の登録を行うことで正確な時間を取得でき、平均的なSTを決めることができます。また平均のみでなく、担当者ごとに集計を行うことで、当該工程の最短時間と最長時間を求めることができ、社内での目標工数を設定、生産効率化を追求することができます。

生産現場にて生産効率を継続的に上げるためには、作業を標準化する必要があります。そのためにはスタンダードタイムを計測する必要がありますが、スタンダードタイムを測るには無線端末を用いた作業時間の測定が有効です。担当者ごとの作業時間の集計を行うことで社内マネジメント、教育体制構築、生産効率化のための準備情報も得ることができます。