before 005_B

生産現場において、生産設計が確実に行われていない場合、出社しなければその日の作業が分からないといった状態が発生します。朝出社して、現場班長や職長に当日に行う作業内容を確認しなければ作業が進まない状態では、計画的な生産活動を行うことはできません。

go

after

005_A

生産スケジューラーを導入することで。各工場.工程.機械別の作業予定が明確になり、作業分担状況、空白、作業負荷状況が見える化できるようになります。多工程に渡る生産品や短納期品の場合もお客様の納期を優先させながら、未割り当て状況を確認し、現場中心に作業が割り当てを行うことができます。

生産を効率的に行っていくためには生産計画を立て、確実に実行していくことが求められます。しかし積み上げ案件や作業負荷が目に見える形となっていない生産現場も多く、その場合当日出社しなければ作業者が何の作業をするのか分からないようになってしまいます。生産スケジューラーを導入することにより、作業分担や作業負荷を見える化することができ、効率的な生産体制を実現できます。