before 004_B

リピートの製品の場合、過去に製造した担当者が起こしてしまった不具合や注意点を、今回作業をする担当者に伝えることで、効率よく作業を進めることができます。
しかし、上手く伝えることができない場合には、過去と同じ失敗を繰り返してしまい、無駄な作業時間を使ってしまいます。
また、生産に必要な治具等を作業者がそれぞれ製作・利用することもあり、非効率化に繋がっています。

go

after

004_A

過去の注意事項を記録として今回の作業者に渡すことで品質を高めることができます。
例えば、作業を終えた図面のコピーに手書きで注意事項を書込み、それをスキャナからスキャニングしてシステムに登録しておくことで、次回の担当者の作業時に表示させることができます。

製造現場においては、作業内容が個人によってばらついてしまうことが多く、リピート生産品であっても、生産品質に担当者でばらつきが発生、最終製品の製品品質が安定しない、ということが起こります。このような場合には、作業の標準化を生産管理システム等を用いることで実現することで、コストダウン、製品品質の安定を行うことができます。