before001_B 製造現場において、作業内容が個人によってばらばらだと、製品の品質もばらつきが生じます。
例えば、治具をせっかく作っても、その情報が共有されていない、あるいは置き場所も決められていないため、再度作りなおすなど無駄な作業が発生します。その結果、品質にばらつきが生じる上、作業時間が増大しコストアップとなります。

go

after

001_A

個人によってバラバラになっている作業を定量化することで一定の品質と作業時間が確保できます。
例えば、治具をセットするなど個人によって時間にばらつきがある作業でも、その作業を撮影した動画を現場に設置したタブレット端末に表示されるようにすれば、作業が標準化できます。

製造現場においては、作業内容が個人によってばらついてしまうことが多く、生産工程の品質のばらつきを発生、最終製品の製品品質が安定しない、ということが起こります。このような場合には、作業の標準化を生産管理システム等を用いることで実現することで、コストダウン、製品品質の安定を行うことができます。