before 002_B

図面が紙ベースで管理されている場合、紙図面の管理と出図に手間が掛かります。
例えば、膨大に蓄積された紙図面の中から最新の図面を探し、元図をコピーして指示を書き足す、そして現場へ指示するまでに手間が掛かってしまいます。
元図と改訂図面の確認や増え続ける図面の人による管理と図面保管スペースが必要になります。

go

after

002_A

紙図面を電子ファイリングすることで、出図時間を短縮することが可能となります。
例えば、図面をスキャナーで読込み、PDF、 jpgファイルで保存し、すぐに検索・書き込み、印刷ができれば 出図・管理時間の短縮と保管スペースの削減ができます。

図面の管理を紙媒体で行っている場合、図面の管理自体とその出図、後の参照時に大きな手間が掛かります。過去の図面に変更を行って、あらたに生産する、といった際も図面自体のコピーや注釈作成等、大きな負担がかかり、生産に移るまでの手配のリードタイムが長くなります。そのような場合は図面を電子ファイリングすることで、管理工程の短縮と生産効率の向上を実現することができます。